2018年の運勢をいち早く知りたい!

みなさん占いをどのように使われていますか。
朝のテレビでも、本に雑誌に今ではインターネットで検索をかけるとすぐに知りたいだけ知ることができますよね。
ちょっと調べただけなのに、とっても物知りになれたような気になれませんか。
私の中学生や高校生の時代に、動物占いに星占いや手相占いなどの占い師や霊能力者などがテレビのゴールデン番組に出演しとても流行り、好きよく見ていました。
そのせいか占い好きが講じて、本を何十冊と持っていました。はじめての占い本は細木数子の「六星占術」で、その本はギネスに世界一売れている占いの本になったそうです。

細木数子の師匠は日本にはじめて占いを持ってきたとされている人でした。その占いというのは「易学」というもので、今支流になっている占いとはまったく違う感じのもので、まるで国語の教科書のようです。

六星占術自体は、四柱推命にとても似ていてよく指摘されていました。
ですが、私が思うにどの占いをしてみてもだいたい不思議と似ているように思います。違いがあるとすれば生まれた場所、環境であるとか性別であるとかぐらいに思います。

干支占いもありますが、だいたい12干支になっています。干支や動物占いもそうですが、昔は数字がなかったのでたとえを動物にしたそうです。

星占いで、ホロスコープなどという占いは実際に星座を使っているものもあり、現に太陽系は水星金星地球火星が地球の周りを回っていて、実に調和の取れた状態を保っています。そして、地球では木の葉の付け方や、あらゆる形あるものなどに黄金比があると言われています。フィボナッチといわれるのですが人名からきているそうです。

その概念はだいたいこのくらいかなっという比率を見つけたそうです。画数占いや姓名判断などにもこの比率で見ることができます。

たとえば、この星に生を受けたあらゆる生物は、ある程度偏りがあると思いませんか。どの生物であるとか性別であったり時代であったり国であったり。

このある程度決ったものを変えることは大変なのです。性別を帰ることと同じような感じで、親であったら変えることはできないように、変えられない不変的な連鎖がありそれらを選ぶことはできなかったのです。

でも時に認められなかったり受け入れられなかったりする時もあると思います。それらを気軽に知ることのできる糸口として、占いは活用してできるのではないでしょうか。

占いは当たるとか当たらないで楽しむ方法もありますが、やはり意味を知って心が動き出すようになれればモチベーションもあがり何事にも取り組める姿勢を作り出すことができると思います。
仕事に、私生活によりより人生を送っていただくために役立ててほしいです。

タロット占いで2018年の運勢を鑑定!

昨今はタロット占いが人気であり、今季の仕事運を占うには良い方法である。
仕事がうまくいくか気になる人は、是非カードを使って運を占って欲しい所だ。

無料サイトで仕事運を占う

カードで仕事運を占うのなら、無料のサイトなどを利用しても良いだろう。
サイトで占う場合、基本的には出たカードの結果を元に仕事運を占ってアドバイスをくれるのだ。
これだけでも十分に占えるので、手っ取り早く運勢を知りたい人は利用してみてほしい。
特に、評判の良いサイトを利用すれば結果通りになる事が多いので、有名なサイトを色々と探してみるべきだろう。

カードの意味を良く知っておこう

仕事に関する運気とカードが持つ意味は、一見すると関連性が無いように見えるが実はそんな事はない。
カードが持つ意味には様々な運に関連付けられるものが多々あり、今季の仕事に関する運を十分に占えるのだ。
だからこそ、タロット占いで仕事の運気を当てるなら、カードの意味はなるべく深く知っておいた方がいい。
全て覚えるのは大変かもしれないが、運に関してはカードが持つ意味を知っておかないと、結果を理解するのに少し骨が折れる。
運を占ってアドバイスを受けても、自分が正しい道のりを歩かないとせっかくの運気を台無しにしてしまうだろう。
従って、カードが持つ意味をなるべく覚えて理解した方が、正しい道を歩いて運気のある日々を掴める訳なのだ。
もしカードを使って占う事に興味があるのなら、少しずつ絵柄の意味やカードの歴史などを勉強してみるべきなのである。

カードの種類でどうやって運を当てる?

カードで仕事運を占う際、どのような解釈をすれば良いのか、今回は一つの例え話で説明してみよう。
例えば力のアルカナなら正位置だと実行力、知恵、持久戦、逆位置なら人まかせ、優柔不断という意味がある。
正位置の場合、実行力を発揮したり知恵を絞る事で運をたぐり寄せる事が出来る、と考えられるのだ。
そして逆位置の場合、今季はどうも人まかせにしたり優柔不断になるケースが多くなる可能性がある。
従って、正位置が出たのなら実行力を発揮するよう心がけ、逆位置なら優柔不断にならないよう気をつけるべきだ。
また、力には名誉や成功と言った意味も含まれているのだ。
これはつまり、力のアルカナが出ただけで、今季は大きな名誉や成功を掴み取れる、という運を感じ取る事が出来る。
かなり大まかな説明だが、こうした感じで仕事の運を占う事が可能なのだ。

アドバイスを良く聞こう

カードの意味さえ知っていれば、自分の判断だけで仕事の運がどうなのか判断する事も出来る。
しかしサイトや占い師の結果によるアドバイスを聞けば、更に詳しく運気が分かるだろう。
自分の知識も参考にしつつ、自分以外から手に入るアドバイスもしっかり聞き届けるべきなのだ。

夜、真っ暗だと気持ちが沈んで心細くなりますが、星がでていると恐怖心もなく気持ちが明るくなったりします。
星は太古の昔から<希望のシンボル>として人間に親しみを持たれています。
悩みがあるときや悲しいときや落ち込んだ気持ちのとき……。
人間は星から不思議な力をもらって自分の気持ちを慰めてきたのです。

星と言えば、西洋占星術・東洋占星術・四柱推命などの占術も関係があります。
星は方角や?を知ることでも人間の世界で重宝してきたのです。
タロットカードの占いでの「星」のカードは、期待・希望・明るい未来を暗示するカードです。

タロットカードの種類は豊富ですが「星」のカードは様々なパターンがあるのです。
女性が持っている壺から川に水を注ぐ姿を描いたパターンもありますし、パンドラの箱から星が飛び出すものもあります。
共通しているのは「星」のカードが大きな希望を象徴していることです。
将来の状況・出来事の変化・転機の到来を期待させるような前向きの意味があるタロットカードです。
タロットカードの占いで「星」のカードが出た場合に正位置であっても逆位置であっても喜んでいいカードです。

●タロットカードの占いで「星」のカードが正位置ででた場合の解釈
人間はどれだけ辛くても未来は「希望」があるのです。
あなたの今日までの人生を振りかえれば付いてない不運もあれば良いこともあったはずです。
ささいな出来事であっても運勢はいろいろなのです。

タロットカードの「星」のカードはあなたに、そんな希望の未来を暗示してくれるカードです。
今日までは付いていない時期が続いていたかもしれません。
ですが、この「星」のカードがでたら出来事に変化が生まれます。
少しずつあなたに光が差してきます。

人生に自信をなくしていた人間も、これからは未来に向かってちょっとずつ自信を取り戻せます。
精神的な面だけでなく金運も恋愛運も結婚運もアップします。
欲しかったものが手に入る可能性もあります。